選ぶ楽しさも贈れる☆カタログギフト

ホーム > カラログのギフトについて > カタログギフトは用途によって使い分けると良い

カタログギフトは用途によって使い分けると良い

贈り物をするとき、何を贈ればよいのかわからないときがあるでしょう。
せっかく贈るのであれば受け取ったときに喜んでもらえるものの方がいいでしょう。
しかし相手の子のみが分からないと何が喜んでもらえるのかがわかりません。
適当に贈ってうまくいけば当たりになりますし、相手からの評判が良くなければはずれになってしまいます。
そんな時に使うことができるのがカタログギフトです。
商品を選んで贈るのではなく、商品が掲載されたカタログを贈ります。
すると、贈られた方はその中から好きな商品を選んで注文をします。
カタログをもらった人はもちろんお金の負担をする必要はありません。
好きなものから選べるので、相手が好まないものを贈るケースが少なくなります。
ただ、人によっては心のこもり方に違いがあるとみる人もいます。


ではカタログギフトなら何でも贈れば相手に合うものになるかです。
実際にはいくつかのカタログがあります。
大きな違いとしては、金額別の違いがあります。
3千円ぐらいのタイプから数万円する豪華なタイプまであります。
3千円のタイプであれば、大体それくらいの商品がカタログの中に入っています。
結婚式の引き出物などであれば、あまり区別をせずに金額を決めて贈ることが多くなるでしょう。
その時にぴったりと言えるかもしれません。
中の商品も食品から日用雑貨、衣類など様々なものから選べるタイプがあります。
残るものを希望するなら雑貨などを選択するでしょうし、残らないものなら食品などを選ぶでしょう。
それも好みに合わせることができます。
結婚式の引き出物なら、ブライダル用として用意されているものもあります。


お中元やお歳暮として贈りたいときは、贈る相手によって選ぶと良いかもしれません。
会社の上司などであればそれほど高価なものでなくても良いでしょうが、さらにその上の役員や社長に贈るとなるとより工学のものの方が良いこともあります。
お中元などでは食品関係を贈ることが多くなります。
その時は、カタログの内容も食品の身になっているものを選ぶと良いでしょう。
多くの分野から選べると、どうしても食品分野が少なくなります。
食品に特化したものだと、多くのラインナップから選べます。
食品の中でも、スイーツに限定しているものを選べる場合もありますし、肉や魚介類などの高級食材に特化しているものもあります。
贈る相手が喜びそうなカタログを選ぶことで、相手に伝わる贈り物をすることができるようになるでしょう。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ