選ぶ楽しさも贈れる☆カタログギフト

ホーム > カラログのギフトについて > カタログでのギフトは相手次第でハイリターンハイリスク

カタログでのギフトは相手次第でハイリターンハイリスク

結婚式やお葬式など冠婚葬祭で参加された人に対して品物でお返しをする場合に、カタログでのギフトという選択肢があります。
このカタログでのギフトは相手に好きな品物を選んでもらうことで、品物に対しての満足度を引き上げようとすることが最大の目的となります。
これにより自分で品物を選んで贈るよりもハイリターンを得られやすくなるかもしれません。
もちろんカタログを贈る人自身も自分で個々に品物を選ばなくていい、面倒な手間を省けることもハイリターンとなります。
しかしながらカタログでのギフトは同時にハイリスクにもなりやすい一面があります。
まずハイリスクになりやすい原因の1つは欲しい商品がカタログの中になかった場合となります。
けど欲しいのがなかったと放棄していてはもらい損となります。
結局のところ消去法でなんとか無理やり選ぶことになってしまいます。


次にハイリスクになりやすいのはカタログには有効期限が設定されてることです。
有効期限が設定されてるために忘れないうちになんとか決めておかねばななりません。
しかもその決めた内容を添付のはがきに書いて郵便ポストに投函する手間がかかります。
またハイリスクの別の一面としてシステム利用料の存在があります。
このシステム利用料というのは配送料と品物を梱包する箱代、のしなどをラッピングする手間賃、そしてそれらに関わった業者の利益分となります。
例えるならばお歳暮やお中元の品物がこれに該当します。
これのシステム料のために市場の実店舗や通販で買うよりも割高傾向となり、値段に敏感な人にしてみれば何か金額的にもらい損みたいな思考になるかもしれません。
このハイリターンかハイリスクかはカタログを受け取る相手次第となります。


カタログが好きな人にしてみればハイリターンになりますが、嫌いな人はハイリスクになります。
そのためハイリスクにならないためには事前にさりげなく調査をしておかねばなりません。
もしカタログが嫌いな人に対してはその選択肢をやめて、自らが選んだ品物を贈らなければなりません。
そのカタログでのギフトは1種類だけではありません。
カタログのギフトは業者ごとに品物や得意分野のジャンルなどが若干異なります。
例えばグルメやスイーツやご当地限定などの食品だけを扱ってるカタログもあれば、家電製品や雑貨などが重点的なカタログなど様々となります。
その様々なカタログを入手するためには1つの店で1つのカタログだけを選んでいてはなりません。
どのカタログが良さそうか複数のカタログを比較するためには、それだけの数のお店や業者のサイトなどを徘徊するなどして念入りに時間をかけて調査することも大事な行動の1つとなります。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ