スポーツの試合において何が一番重要であるかはスポーツをする目的によって人それぞれ違います。
スポーツをする目的はただスポーツの試合に勝つという目的の人もあれば、スポーツの試合を通じてスポーツを楽しみたいという人もいます。
そしてスポーツの試合をして勝つという目的で試合をしている人は試合の勝敗は非常に重要だと思います。
スポーツの試合に勝てば100点で負ければ0点ということになります。
これに対してスポーツの試合を通じてスポーツを楽しみたいという人にとっては試合の勝敗も大切ではありますが、自分が満足いくプレーが出来たかどうかも重要になってくるでしょう。
つまり例えスポーツの試合には勝つことが出来ても自分のプレーはあまり良くなかった場合は満足することはできないのに対してスポーツの試合に負けてしまったけれど自分のプレーはとても良かった場合は満足することができます。
このようにスポーツの試合をする目的によってどういうことが重要であるのかということが変わってくると言えます。
スポーツの試合は引き分けもありますが、基本的には勝敗がつきます。
そしてスポーツの世界では勝った選手は評価が高くなります。
大会等でで優勝した人やチーム等上位に入賞をした人は表彰されることになります。
また、表彰される時にはいろいろなものが渡されます。まず表彰状、メダル、トロフィーなどもあるかと思われます。
そのほか大会により様々なものがあるかとは思います。

表彰状は厚めの用紙にこの大会で優勝したこと、あるいは上位に入賞したことをたたえるように文言が記載されています。
優勝した人やチーム、上位に入賞した人が表彰状を受け取る時はまず表彰状を手渡す人が表彰状の内容を読み上げてその後優勝した人や上位に入賞した人がお辞儀をして表彰状を受け取ることになります。
メダルやトロフィーも同じような形ではないでしょうか。
メダルは首からかけるもの。
トロフィーとは金色の色をしているカップ、像などの事ですよね。
通常は表彰式の時にスポーツの試合で優勝した人や上位に入賞した人に表彰状とトロフィー等が渡されることが多いかと思われます。
そして渡す順番は表彰状を最初に渡してその後にトロフィーを渡すことが多いでしょう。
スポーツで優秀な人はたくさん優勝しているのでトロフィーをたくさんもらっているのではないでしょうか。
きっと家などにはたくさんのトロフィーが飾られているはずです。
家に飾られているトロフィーを見るとその家のひとはスポーツ等でで優秀だったということがすぐわかるかと思います。
トロフィーは勝利の証であると言えるのではないでしょうか。